材料に妥協なし!至高のナポリピッツァ専門店

pizzeria alto palazzo(ピッツェリア アルト パラッツォ)

大通りから一本入った路地にフッと現れる、「pizzeria alto palazzo(ピッツェリア アルト パラッツォ)」。辺りの住宅に溶け込みシンプルな建物の外観に、清楚に取り付けられた看板を見つけたならば、興味をそそられるだろう。

青色と黄色のタイルが映える店内カウンターと窯
青色と黄色のタイルが映える店内カウンターと窯

外観とは一転、中に入るとイタリアンな世界が飛び込んでくる。カウンターや窯に施されたタイル貼りの装飾が色鮮やか。とはいえ、食事スペースは心温まる和風空間。畳の上にはローテーブルが置かれ、座椅子に座るという恰好だ。

この窯でアメリカンピザと似て非なるナポリピッツァを焼き上げる
この窯でアメリカンピザと似て非なるナポリピッツァを焼き上げる

「pizzeria alto palazzo」では、イタリアンといっても基本的にはパスタやイタリアンコース料理は提供していない。あくまでピッツァがメインの店だ。だからこそ、ピッツァに込めたこだわりはひとしお。例えば、生地に使う小麦粉は5種類、モッツァレラは本場ナポリ・カンパニア州のポンティコルヴォ社のものを使用。料理全般に使う塩は3種類をブレンド、オリーブオイルもブレンドしているという。

種類豊富なピッツァ
種類豊富なピッツァ

そんな拘りピッツァの種類はとても豊富。まず食べてみて欲しいという店のおすすめは、トマトベースの「マルゲリータ」。ミニトマトが加わった「マルゲリータ フィレット」や、ゴルゴンゾーラが加わった「マルゲリータ アズーリ」など、さらにバリエーションが広がっている。また、チーズを乗せずにトマトソースやにんにくなどのシンプルな味わいを楽しむ”マリナーラ”ベースのものや、粉チーズやクリームで素材の味を引き立たせた”ビアンカ”ベースのもの、醤油オイルを使用した”和風”ベースのものなど、たくさん用意されている。

ワインにも合わせやすい、ディナーのアラカルトメニュー
ワインにも合わせやすい、ディナーのアラカルトメニュー

ディナーではアラカルト料理も楽しめる。100%牧草で育てているニュージーランドの赤身牛肉、”グラスフェッドビーフ”を用いたメニューは是非食べてみて欲しい。美味しさはもちろん、健康に理想的な栄養素を豊富に含んだパーフェクトフードだそうだ。そして、食後のデザートもお忘れなく。

ビジュアルでも楽しめるデザート
ビジュアルでも楽しめるデザート

高宮エリアについて教えてください!

高宮は、どの世代のニーズにもあった住みやすい便利な街です!学校も、駅も、買い物も、外食も歩けば直ぐの街ですね。」

pizzeria alto palazzo(ピッツェリア アルト パラッツォ)
所在地:長野県松本市高宮北1-16 
電話番号:0263-55-7983
営業時間:ランチ 11:30~13:30(L.O.13:00)、ディナー 18:30~21:00(L.O.20:30)
https://pizzalovers.shopinfo.jp/

詳細地図