『サーパス石堂ゲートマークス』周辺の歴史と街並みレポート

サーパス石堂ゲートマークス』が誕生する石堂エリアは、長野市の中心部に拡がる、裾花川などにより形成された扇状地の緩い傾斜地に位置します。明治期の「長野」駅の開業以降発展した商業地に近接しながらも、大正期に「長野県庁」が現在地へ移転して以来、県の中枢のオフィス街として発展した、落ち着いたエリアでもあります。今回は、物件周辺を古地図と古写真などで紐解きながら散策し、地域の歴史と、現在の魅力をご紹介します。

地図は1925(大正14)年に出版された『長野市中部地図』。この地図を見ながら周辺を散策してみたいと思います。

1925(大正14)年に出版された『長野市中部地図』
1925(大正14)年に出版された『長野市中部地図』

まず、古地図(図2)で『サーパス石堂ゲートマークス』の位置を確認してみます。物件の東側の道路沿いに描かれている農業用水は、現在も見ることができました。

図2
図2

『サーパス石堂ゲートマークス』建設予定地
『サーパス石堂ゲートマークス』建設予定地


物件から東に向かってすぐ、「JA長野県ビル」があります。ビル内には、信州の食材を使用するメニューがあるレストランもあり、一般の人も利用できるそうです。北側に隣接する「アクティホール」ではイベントや展示会の会場となるようです。

さらに東へ向かうと「北石堂町商店街」に入ります。おしゃれなショップや居酒屋などの飲食店が入るビルの前を抜けると、「善光寺」の表参道でもある「中央通り」と交差する「かるかや山前交差点」で、角には大きな美容院がありました。内装もおしゃれで目を引きます。図2をみると、当時は「安田銀行出張所」だったようです。

信州の食材を使ったレストランも!

「JA長野県ビル」
「JA長野県ビル」

人気の美容院!

「orange peco」
「orange peco」


この「かるかや山前交差点」の北東角には「刈萱山西光寺」があります。1199(正治元)年に苅萱道心上人が開山した古刹で、その子どもの二世住職、信照坊道念上人の幼名・石童丸(石堂丸)が石堂の地名の由来となっています。もちろん、「西光寺」は古地図(図2)にも記載があります。

昭和戦前期の様子

昭和戦前期の「刈萱山西光寺」
昭和戦前期の「刈萱山西光寺」

現在の「西光寺」
現在の「西光寺」


「かるかや山前交差点」から「長野」駅方面へ向かってみます。1888(明治21)年、南石堂町に「長野」駅が開業、以降、駅周辺は「善光寺」への玄関口として、商業的にも発展しました。「長野」駅と「中央通り」を結ぶ「末広通り」「二線路通り」といった通り沿いも商業地として賑わいを見せるようになったそうです。

図3
図3

地元客や観光客で賑います

現在の「二線路通り」
現在の「二線路通り」


下の一枚目の古写真は1904(明治37)年に竣工した「長野」駅の二代目駅舎(写真奥の建物)で1912(明治45)年頃に「末広通り」から撮影したものです。駅開設以降、周辺は発展を見せ、旅館や茶屋などの開店が相次ぎました。3階建ての建物は旅館「五明館扇屋」(江戸期には「善光寺宿」の脇本陣を務めていました)の駅前支店です。「五明館扇屋」があった場所は、現在は駅前のバスロータリーの一部になっています。二枚目の古写真は、仏閣型の三代目駅舎。1936(昭和11)年の「善光寺」の御開帳に合わせ建設されたもので、この時、「善光寺」境内にあった「如是姫像」も駅前に移設されました。

1912(明治45)年頃の「長野」駅
1912(明治45)年頃の「長野」駅

右の像が「如是姫像」

昭和初期撮影の三代目駅舎
昭和初期撮影の三代目駅舎


仏閣型の三代目駅舎は長年親しまれましたが、1996(平成8)年、長野新幹線の開業に合わせ四代目となる橋上駅舎に、さらに、2015(平成27)年の北陸新幹線の延伸に伴い、新駅ビルと一体となった現在の五代目駅舎に建て替えられました。初代の「如是姫像」は1944(昭和19)年、「太平洋戦争」中、金属回収のため供出されてしまいましたが、戦後の1948(昭和23)年に再建されました。その後、若干の場所の移動と台座の変更はありましたが、現在も駅前に設置されています。二枚目の写真は「長野」駅の北陸新幹線。「東京」駅までは1時間30分ほどでアクセスできます。

現在の「長野」駅
現在の「長野」駅

「東京」駅まで1時間30分ほど

「長野」駅の北陸新幹線
「長野」駅の北陸新幹線


「長野」駅周辺は商業地として発展しています。一枚目の写真は、「末広通り」の再開発で誕生した複合商業施設。二枚目は、「中央通り」の「南石堂町商店街」です。

「末広通り」南側の再開発地区
「末広通り」南側の再開発地区

「南石堂町商店街」
「南石堂町商店街」


次に「中央通り」に沿って「善光寺」方面へ北上してみます。「中央通り」(図4の赤線)は、「長野」駅と「善光寺」を結ぶ「中央道路」として拡幅、1924(大正13)年に完成した道路です。ほぼ一直線の太い道路となり、街路灯も整備され、沿道は商業地として発展しました。

赤線が「中央通り」

図4
図4

さまざまなショップが軒を連ねます!

「西光寺」前の「中央通り」
「西光寺」前の「中央通り」


沿道には、老舗から新進気鋭のお店まで、さまざまなショップが軒を連ねていました。また、伝統的な建物も多く残り、長野市が古くより栄えてきたという歴史が感じられます。途中に、「1998年長野冬季オリンピック」の際、「市街地表彰式場」だった場所がありました。2012(平成24)年に一部が公園となり、2020(令和2)年に「セントラルスクゥエア」として再整備されました。

感動が甦ります!

「セントラルスクゥエア」
「セントラルスクゥエア」

図5
図5


下の古写真は「セントラルスクゥエア」より少し北側の昭和初期頃の様子。「善光寺」方面を撮影しています。左端のビルは当時の「八十二銀行 本店」。元は「六十三銀行」の本店でしたが、1931(昭和6)年に「十九銀行」と合併、足して「八十二銀行」となりました。この場所には現在も「八十二銀行 長野支店」が入る「長野朝日八十二ビル」があります。このビルには『サーパス石堂ゲートマークス』を販売する「穴吹工務店 信越支店」も入居しています。

元は「六十三銀行」の本店

昭和初期頃の「中央通り」
昭和初期頃の「中央通り」

現在は「長野朝日八十二ビル」

現在の「中央通り」
現在の「中央通り」


さらに北上し「善光寺」に近づくと、参拝客・観光客向けのお店も多くなっていきます。写真は「ぱてぃお大門」。中庭でつながった、蔵や町屋をリノベーションした店舗があります。

図6
図6

パティオ(中庭)があります

「ぱてぃお大門」
「ぱてぃお大門」


さらに「善光寺」方面へ向かうと、「仁王門」の手前に「藤屋旅館」の建物がありました。「藤屋」は、江戸期に創業した老舗で、「北国街道」の「善光寺宿」の本陣でした。加賀藩前田家も参勤交代の際、利用したそうです。下の古写真は明治後期頃の「藤屋旅館」(1892(明治25)年築)で、「善光寺」側から「長野」駅方面を撮影しています。現在は結婚式場「THE FUJIYA GOHONJIN」として営業を続けています。現在の建物も、1925(大正13)年に建て替えられて以来の歴史ある建物です。

明治後期~大正期の「藤屋旅館」(左の建物)
明治後期~大正期の「藤屋旅館」(左の建物)

国の登録有形文化財

「THE FUJIYA GOHONJIN」(左の建物)
「THE FUJIYA GOHONJIN」(左の建物)


図7は「善光寺」のあたりの様子。「善光寺」については、古い写真や資料はよく見るものなので、ここでは簡単な紹介に留めます。図は1930(昭和5)年発行の「善光寺」の御開帳の行列の様子を描いたチラシ。翌年の御開帳に向けて発行されたものになります。

図7
図7

1930(昭和5)年発行の『長野善光寺御開帳行列山内之全図』
1930(昭和5)年発行の『長野善光寺御開帳行列山内之全図』


最後に、県庁方面も紹介します。石堂エリア周辺の中でも、『サーパス石堂ゲートマークス』の建設地周辺は、官公庁や県を代表する企業、マスコミの本社などが集まる、閑静なオフィス街としての一面もあります。そのきっかけとしては、1913(大正2)年、現在地に「長野県庁」の庁舎が置かれたことが挙げられるでしょう。写真は1957(昭和32)年頃の撮影で、この建物は1913(大正2)年竣工。1967(昭和42)年に現庁舎へ建て替えられており、旧庁舎は飯綱高原へ移築され、現在は「長野県自治研修所 飯綱庁舎」として残っています。

図8
図8

大正期からの建物

1956(昭和31)年頃の「長野県庁」
1956(昭和31)年頃の「長野県庁」


現在の県庁周辺は、官公庁やマスコミなどがあつまる長野市の中心業務地区(CBD)となっており、広々とした道路に街路樹が植えられていて美しい街並みとなっていました。

「長野県庁」
「長野県庁」

県庁前の街並み
県庁前の街並み


今回、物件周辺を大正期の古地図を見ながら実際に散策して、石堂・長野市の歴史の深さを改めて感じるとともに、こうした伝統を背景に、生活を彩る施設や環境が充実している街であることを感じました。ぜひ足を運んで、その魅力を感じてみてください。

発見ポイント!

「南八幡川ほたる広場」
「南八幡川ほたる広場」

  • (1)石堂エリアは「善光寺」と「長野」駅の間に位置し、多くの人が訪れる街として発展してきたことが感じられました。
  • (2)歴史的な建造物はもちろん、街に随所にある何気ない風景の中からも、長野の歴史の深さを感じることができました。
  • (3)『サーパス石堂ゲートマークス』は、閑静なオフィス街の一角に位置しながらも、利便性の高い駅前エリアも近いことがわかりました。